niszetの日記

アナログCMOS系雑用エンジニアが頑張る備忘録系日記

R

データ分析のためのデータ可視化入門を読んだので感想です。

遅くなりました… www.kspub.co.jp @niszetが人生色々とgdgd進行しているため、読み終えるまでに時間かかってしまいましたが、最後まで読み終えたので読後の感想を書こうと思います。 なお、本書は id:u_ribo さんより GitHub Sponsorsのお礼という事で頂きま…

(R)fork版のrevealjsを一旦fixとした。

R

checkとかがまだwarning出てるけど。 一通り動作チェックして動くことを確認したので一旦fixとしてあとは使って問題あれば直す形でやっていこうと思う、forkしたrevealjsパッケージです。 github.com これを本家にPR出しても良いのかもですが、本家はPRは小…

(R)(Pandoc)revealjsでpluginを使う場合はself-containedをfalseにして使う理由

対策、対応できなくはないけどとてつもなく面倒くさいのでやらない。 色々調べてにっちもさっちもなのでメモ。 revealjsパッケージやrmarkdownパッケージ、その大本のPandocの仕様として、htmlなどのファイル形式に出力するときに使用するファイル、例えば画…

(R)revealjsパッケージがよしなにしていたことなど

R

素のreveal.jsを持ってくるだけではダメだったりする。 revealjsパッケージはpluginもいくつか同梱して対応していたようである。そのため、reveal.jsを持ってきて置き換えるだけでは足りない。ただし、pluginのディレクトリに入れるだけで良いので対応は簡単…

(R)revealjsパッケージをフォークしていじっている

R

まだうまく動かないことが多々あるが…。 本家の更新は望めないので自分で欲しいものは自分で作るということでforkして勝手にやることにした。 github.com ひとまず同梱されているrevealjsを最新のモノに置き換え、ファイルパスを整理して、historyにtrue強制…

(R)revealjsパッケージが古い

CRANにあるものは4年前のリリースのもの。 まえがき 久々にPandocのことをやろうと思って。Pandocの変遷はissueを読むと大変なので、取り込まれたPRを見るか、release noteを追うのが良い。今回は後者。 最近はpatchがぽつぽつ出ているが、2.14になったとこ…

(R) Windows上で parzer パッケージが動かないやつの暫定対応

R

なんでしょうね ちょっとkuniezuパッケージを試してみたかったんですが、 github.com 内部で使ってるparzerパッケージがエラー吐いて止まる(Win、32bit版)か止まってしまって処理が返ってこない(Win, 64bit版)という挙動をしていました。 再現できるコー…

(R) Ubuntu 20.04 LTS に RStudio Server をインストールしようとしたらlibssl.so.1.0.0がないと怒られたので対応してインストールするやつ

R

絶対忘れるのでメモ。 Ubuntu18の方で普通にRをインストールするとR3.xが入ってしまうので、Ubuntu20.04LTSに移行しようとした。 で、Rを入れた後にRStudioをこのページに書かれているコマンドで入れようとしたのだが、 rstudio.com 以下のようなエラーが出…

(R)震源レコードフォーマットを読み込む

R

固定文字長フォーマットの読み込み。 各日のページからデータを読み込むことが出来たので不要になったが、これが出来ないと思っていたので過去の震源データを下記から入手して確認しようとしていた。 www.data.jma.go.jp 欲しい年を選択すると、例えば2016年…

(R)気象庁の震源リストからスクレイピング(コード一部更新した)

R

robots.txt とかも自分で一度は目を通しておこうね。 さて、以前の日記で気象庁の各日の震源データが消えていると思ったら見つかりました~ってのを書きました。 niszet.hatenablog.com 今回はそのページからデータを取ってくる作業をします。手作業でも良い…

GISに手を付け始めた(メモ)

2021年内にある程度出来るようにしたいものの1つ 防災意識を高める 昨年末、ふと防災情報について気になり、自衛隊防災BOOKを買ってパラパラと読んでみた。 magazineworld.jp magazineworld.jp まだ読み終わっていないが、日本に住んでいる以上は自然災害で…

気象庁の震源ファイルをdata.frameにしたいと思っていたのだが…(メモ)

やっていたのだが… 背景 去年からGISに興味が出てひそかに勉強しているのだが、手元に岩波データサイエンスシリーズのvol.4があることを思い出し、これもやってみるか…と年始に読んでみて、Rのコードが公開されていることが分かったので試してみようと思った…

(R) Rでe-Statのデータを触っていきたい

e-Statの使い方、Japan.R 2020の動画が一番わかりやすいのでは? さて、先日のJapan.Rでは私もLTを行いましたが、前半の方でスペシャルゲストとして独立行政法人統計センターの西村さんが「政府統計の総合窓口(e-Stat)の概要」というタイトルでe-Statの使い…

Japan.R で 日本Pandocユーザー会の紹介LTをしてきました

あっさりした内容で申し訳ない…。 12/5のJapan.R 2020で"日本Pandocユーザー会の紹介" というタイトルでLTしてきました。 connpassのページはこちらに、 japanr.connpass.com 資料はこちらにあります。 niszet.github.io 今回は特に変態芸(?)もなく普通に…

(Pandoc)Docx/ODT Writer中の文字コードの確認処理

時間を無駄に溶かしたのでメモをする。 はじめにPandocじゃない話を書いておくと、Rは"\uxxxx"でunicode文字を入れることが出来る。"\u2603"とかやれば☃だ。大文字のUを使えば、4桁で済まない文字も入れられるし、上4つを0で詰めておけば先と等価な文字コー…

(R)captionerパッケージがArchivedになっていたのでForkしておいた(メモ)

R

CRANから落ちてしまったらどうしようかねコレ…。 先日、色々見ていたら気づいたのですが、captionerパッケージがArchivedになっていました。 github.com ので、さっそくFork... github.com このパッケージはRMarkdownでWord文書を作ろうのときに使っていたの…

(R/OOXML)namespaceがないとw:を入れられない…

という気付きが結構前にあったらしい… 下書きのまま放置していたので、忘れてしまわないうちに書く。 stylexパッケージ、docxのstyleをR上で加工しやすくしようと思って作っていたのですが、docxファイルを記述しているOOXMLは、w:nameのようにw:のnamespace…

(R)Localeを英語設定に変更すると日本語を扱うとabortするので注意…(メモ)

R

考えてみれば当たり前なんだけども… こちらの記事とまったく同じモチベーションで、エラーメッセージを英語にして報告したいな、と。 dichika.hateblo.jp で、これを設定すると以降は英語でエラーメッセージが出てきて便利。 Sys.setlocale("LC_CTYPE","Engl…

いつの間にかrmarkdownでpagebreakのlua filterが使われていたので簡単に紹介する。

各ファイル形式に対応している。 Pandocは、内部的にはファイルを読み込むReaderと書き出すWriterに機能が分けられており、Readerで読んだ文書は内部的にはPandoc's ASTというPandocが扱いやすくするためのデータ構造に一旦データを持ち直します。この中間デ…

RMarkdownでODT形式で出力してもRStudioはMS Wordで開こうとしてくる…

どういうことなの…? RStudioはKnit後に出力されたファイルを自動で開いてくれます。コレは確かに便利なんですが、開いてほしくないときもアリ、これは制御できるようにしてほしいなぁと思う点ではあります。 さて、掲題の件です。問題は、odt_documentで生…

(R)connpassのAPIを使って、過去自分が履修したセミナーの一覧をチェックする

R

書きなぐりメモ… 最近は時間があるので色々と受講しているのですが、タイミングがあって気になったものを気ままに受けていたので、どれを受けて受けてないのかが分からなくなってしまったので、じゃあRで確認するか…というのがモチベーションです。 というこ…

(生活)`stylex` パッケージが大体完成したので次のことをやるです

整備はまだ必要 ひとまず、作ろうと思っていた関数は一通り作り、現時点で出来るテストのコードを書き、covrパッケージでテストのカバレッジをチェックし、travisでGitHubにupしたときにテストが走るようになったので、ひとまず形になったかな…という感じで…

(R)xml2のツリー表示(メモ)

R

2種類。 xml2パッケージでタグの構造を見るには、xml2::xml_structure()を使いますが、これはcatしているのでその文字列を再利用できない点が残念。 以前、data.treeパッケージで木構造のデータの表示を確かめていたのでxml2でも出来るはずと思って確認。ち…

(R)Travis CIでRcppに依存したパッケージを使う場合は注意が必要?

R

よくわからないけど動いたのでヨシ! 粛々と進めています。使いにくいので沢山書き直し。テストがあると失敗して警告が出るので安心ですね(テストで見ている範囲は) github.com で、Travis CIもやってみるか…ってことで使ってみたんですが、テスト用のデー…

(R)xmlのツリー表示にhtmltidyパッケージが良さそう(メモ)

R

…が、表示できないタグもある…。 stylexパッケージ中ではxml2パッケージを使用してdocx中のxmlファイルを加工しています。標準の設定では存在しないタグが、MS Word上で設定を更新すると現れたりする(w:valの属性値が変わるだけであればいいんですがね…)の…

(R)xml2 のxml_nodeはデータが共有されているので注意が必要…(めも)

R

既にxml_set_attrで使ってるけども…。 xml2パッケージで切り出したnodeオブジェクトは元々のxml_documentのオブジェクトとデータが共有されています。そのため、node側を更新すると元の方も更新される。 そのため、自作の関数で値を更新したnodeとオリジナル…

(R)関数のテーブル作るのは環境使うので良いだろうか?(メモ)

R

もう実装しちゃったけど stylexパッケージはxmlを潰してdata.frame化します。各列ごとにタグが対応していて、処理を変えてあげる必要がありますが、これをするために内部では環境(environment)を使っています。 こんな感じで、列名based_on_valに対応する文…

(R)Wordのスタイルを変更するRのコードをパッケージ化した

忘れないうちにどんどんやる 先日書いていたコレ、 niszet.hatenablog.com ある程度形になったので、パッケージ化しました。 github.com しかし、現状では使い方がわからないと思うので、usageというか、使用例をいくつか書く予定。内部の関数名などは今後大…

(R)Windows上のRStudioはBuild Paneが文字化けするのでConsole上でCheckすると良いかも(メモ)

R

文字化けェ… タイトルに全部書いた。Console上では文字化けしないので、何でErrorが出ているのかわからないときはこちらで。実行するコマンドはコレ(Build Paneの最上部に書いてある) devtools::check(document = FALSE) 問題ない時は普通にBuild Pane上で…

(R)ooxmlでxml2::xml_set_attrする場合はw:をつける(メモ)

私的メモがしばらく続きますが… ooxmlで書かれたdocxファイルのスタイルの一括修正が面倒なのでRでやろうと思ってコードを書いています。基本的にはxml2パッケージを使う。あとはofficerの関数を一部使わせてもらう形(処理そのものはofficerと異なるので全…