niszetの日記

アナログCMOS系雑用エンジニアが頑張る備忘録系日記

気象庁の震源ファイルをdata.frameにしたいと思っていたのだが…(メモ)

やっていたのだが…

背景

去年からGISに興味が出てひそかに勉強しているのだが、手元に岩波データサイエンスシリーズのvol.4があることを思い出し、これもやってみるか…と年始に読んでみて、Rのコードが公開されていることが分かったので試してみようと思った。

sites.google.com

が、震源データについてはすでに書籍で紹介されているような形のデータ形式ではなく、別のフォーマットとなっていた…

と、勘違いをしていた。過去のデータは地震月報を見てくれと書いてあるのだが、実は過去のデータもそのまま残っているようである。

たとえば、2016年4月18日ならここ。他の日もURLをいじれば見れる。

www.data.jma.go.jp

この形式のデータにする必要があるのか…と思って、データのフォーマットを確認してRで読み取ってdata.frameに書き出すための関数の整備をしていたのであるが、まるまる無駄になったのでいつか形にして供養する。

www.data.jma.go.jp

ただ、データを見ていると、月報と当時の日報とでデータに差異がある。確定報などを抜き出して処理するなどが必要かもしれないが、ちょっと知識が足りなさ過ぎてそこまでは出来ないかな…という見込み。

GISのことをやろうとしているだけなのに、真面目に震源データを見ていくととても深い沼のようなので、この辺りで止めておいた方が良いかなという気がする。