niszetの日記

アナログCMOS系雑用エンジニアが頑張る備忘録系日記

(Pandoc)ODTメンテナ不在ぽい問題…

なんとかしたいがスキルがなさすぎる…。

Pandocのことを色々調べていて気付いたんですが、ODT周りはdocxと違ってメンテナが不在な状態になってしまっていますね。Pandoc全体に関する仕様の変更や小さなbug fixはされていますが、過去数年を見ても大きな機能追加などはされていない状態。issueのopenも結構ある。

github.com

closeされたものであっても、例えばコレはcustom style使いたいよねーって話ですが、現時点で機能は実装していなくて、Pull Req. welcomeだよ!で終わってしまってます。

github.com

・・・だもんで、ちょっとODTまわりのソースを眺めていましたが、Docxとソースレベルで書き方のお作法が結構異なるのでどないしたもんかね…という感じです。ODTの仕様を眺めつつ、LibreOfficeで開きつつ、Haskellの修行をしていって少しずつ改修…という感じですかね…。

技術書典応援祭(とそれ以降)に入手した(技術)同人誌の感想置き場

なかったので作った

1

マキタのMUH353DSHを買ったら良い感じだった

何の話だ…。

どこのご家庭にもある、木の枝が伸びすぎたな…ということで刈るためのトリマー/バリカンがうちの実家にも、あります。 今まで使っていたもののバッテリーがダメになってしまっていることがわかり、急遽ホムセンで購入。

以前の機種/メーカーがなかったのでマキタのものを購入。コレ。

www.makita.co.jp

刃は350の下が260mmなので350の方を購入。前のは多分300なので、短いよりは長い方が良いだろう、と。10.8Vのバッテリータイプ。これで手軽に垣根を刈って整形とかできる。便利。

なお、Amazonでも売ってる。値段はAmazonの方が若干安い気がしますね…

www.amazon.co.jp

実際使ってみると、とても使いやすかったので記録のために日記に書くことにしたのでした。

使い勝手について

一応、持ち手がついていて両手で扱いやすいようになってますが、片手でも持てない重さではないですね。ただ、両手で持つことできれいに刈れそう。良いですね。

あと充電が速い。充電器にファンがついていて充電中は音がします。排熱を頑張ることで急速充電を可能にしているのか…?

使ったときの音がかなり静かです。そして振動が少なく、押さえるために力を使わないのでかなり楽に使えるという印象。

そして、刃を動かすためにはボタンを2か所同時に押さねばならない構造ですが、これのポッチの方が左右両方にあるのが良いですね。右手、左手のどちらで持っていても同じ使用感で使える。私は右利きなのですが、疲れてくると左でもやる(し、場所によっては左でやった方がやりやすいとかある)のでコレが地味にありがたい。左利きの人にはとてもありがたいんじゃないかな…。

久々に体を動かしたらやや筋肉痛ですが…。良い道具を使って何かをするのはそれが何であっても楽しいですね。

しばらくは無限に伸びてくる枝との格闘の季節です…あぁ…。本当はGWくらいにやらねばならんのをサボっていたツケでとても暑い…(早朝やるのが蚊も少なくてベスト。ご近所さんの迷惑にならない範囲でね

7月の目標

後でまた思いつくかもしれないので、月中盤までに発生したら追記。

7月分の目標。項目わけの構成を少し変えた。中長期の目標はまた別に作成する。

はじめる前系

  • 技術同人誌書きはじめる(11/1向け)
    • Pandoc 2.10に関する内容にするか?
    • Jiraが充実してきたので、Confluenceなどを実際に使って、結果を見てみる方が良さそう。
    • それはそれとして、docxやodtまわり、色々と見ないといけないものが多い。
      • といったこと、何を書くのか、必要な情報は?などをまとめる。

はじめる系

生活

  • 転職活動
  • 引っ越し
  • その他、実家に関係することなど…

資格やらコンペやら

  • Kaggle
    • Kaggle本を見ながら、過去の解法を見ながら
  • AtCoder
    • 正確には再開。
    • こちらも、過去問と解説を見ながら

続ける系

  • 前職など、しばらく会ってない人に会う。
  • Isabelleの自主トレーニン
  • CSPのセミナー

読書関係

本は大量にあるので上記と別枠にした。

読了できればそれに越したことはないが、実際は読み進められることの方が大事。

優先度高

優先度中

優先度低

6月の振り返り

出来るものは出来た。出来ていないものも多い。

さて、今年も後半戦。目標を建てねば。その前に6月の振り返りをします。

読み終えた本

今月は読み終えた本が少ない。記録によれば以下の通り。

  • 計算理論の基礎 [原著第2版] 1.オートマトンと言語
  • プログラミングHaskell 第2版
  • 図解いちばんやさしく丁寧に書いた不動産の税金’19~’20年版
  • オブジェクト指向UIデザイン──使いやすいソフトウェアの原理 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

あとマンガが11冊ほど。

それぞれ感想を書いていないので、近日中に書く。

OOUIの本は演習部分をやっていないので、後日また必要なタイミングで読み直す必要がある。

読み進めた本

この辺り。読了本がないのは手を広げすぎているということがよくわかりますね。 とはいえ、深く読み進めていく、広く情報を収集する、はそれぞれやらねばならないので、それ自体は問題ではないです。6月がそういう月だったという事。

その他

  • 技術同人誌を毎週1冊読むようにした(月後半から)。6月は2冊。
  • Kaggle/AtCoderやってない
    • AtCoderは他のイベントと被りがち…。
  • 宅建、統計検定もやってない
    • 宅建はやらないことにした
  • 保留にしていた進退が決まったので、ひとまず身の回りの整理を加速する必要あり。
  • 技術同人誌は書いていない。書かねば…。
  • Isabelle/CSPのセミナーを今月も受けた。とりあえずIsabelleの方は終了した。
    • Isabelleの復習が出来ていない。最初から全部やって身に着くまでやるべき
    • CSPは予習効果があったので第一回は順調。
      • 基本はCSPの本を読み進めることで良さそう。
  • 実家の方で対応するべきものがおおむね順調に進んでいるので良いが、7月以降も結構な頻度で時間を取られる見込み
  • 社会人大学院はまず学部レベルの能力をつけないといけないと実感したので今年後半も基礎固めを中心にやっていく。

まとめ

今月は読了みたいに区切り良い終わり方をしているものが少ないので実績が少なく見えるが、それでも全体としては順調に進んでいる。オートマトンをやっておいたおかげでCSPの躓きが少ないのは良かった。

何かを勉強すると、基礎側にわからないことが出てきつつ、興味がある関連する事項も増えていくので加速度的に積ん読が増えてきますね。まぁやっていくしかない…。

今月の目標、3ヶ月目標、今年後半の目標は追ってまとめる…(まだ書いてないんか…っていう

C97で入手した同人誌の感想置き場

まだなかったのか…。

なかったので作る。

1~

6月後半の目標

半月ごとに見直し。

進捗や自身の状況、興味の方向の変化などに対応するため、半月ごとに見直しをする。

niszet.hatenablog.com

今月後半のやること

追加

  • おもしろ同人誌バザール向けに書く同人誌のネタの確保
  • 身の回りの整理(優先順位はこれが最高に設定)

    以下を読み終える

  • 計算理論の基礎(オートマトンの本)
  • OOUIの本
  • アルゴリズム理論の基礎
  • Scheme手習い

    できるところまで進める

  • 論理と集合からはじめる数学の基礎
  • Isabelleチュートリアルの復習
  • 言語実装パターン
  • コンパイラ入門

    保留(余裕があればやる)

  • AtCoder
  • Kaggle
  • 統計検定
  • みんなのデータ構造
  • LaTeXまわりの色々

    保留

  • グラフ理論入門
  • 宅建