niszetの日記

アナログCMOS系雑用エンジニアが頑張る備忘録系日記

技術同人誌

C97で入手した同人誌の感想置き場

まだなかったのか…。 なかったので作る。 1~ 電子工作のための半導体デバイス入門 読了。シリーズ6作目、各半導体デバイスの説明の本。普段使わないデバイスは久々に見て、良い復習になった。パワーMOSFETの構造については全く知らなかったので勉強になった…

(Word/ooxml) customStyleでないスタイルはWordの保存時にStyleIdが変更される(メモ)

これはおそらくWordの仕様 PandocのWordのテンプレートファイルを調べています。 Pandocが生成する、reference.docxには何点か注意しないといけない点があり、そのうちのひとつがStyleIdがWord文書保存時に変更されてしまう、というものです。これはそのスタ…

コミケット97(C97)にサークル niszet工房として参加してきました。

参加し終わったら記録のために日記を書こう。 ということで、コミケとしては私の初のサークル参加となるコミケット97(C97)が無事に終わりましたので、記録のための日記を書きます。2019年もこれでおしまいですが、おおむね良い終わり方を迎えられたのではと…

C97にniszet工房として初のサークル参加します

準備が万全とは言えない気がする。 ここ最近本当に色々精神的に余裕がナイ中、それでも一応は形にできたので良かったのですが、今回は(も?)消化不良な感じです。 おしながきツイートはこちら。 #C97 おしながきniszet工房は 31日火曜の参加です。場所は南…

C96と大崎で入手した本の感想置き場

なかったので恒例の。 1- 魔法少女契約管理システム 設計書 読了。「すべてのエクセルドキュメントを~」のサンプルドキュメントのようなもの、とのことですが思ったより設計書になっててすごい。Markdownからdocxへの変換で書かれた同人誌はもっと増えてほ…

技書博に行ってきた(一般参加)

フルネームだと第1回 技術書同人誌博覧会になるらしい。 そんなわけで行ってきました。当日に予定が入る可能性があったり、TokyoRと被っていてどうするか…ってなりましたが、技術同人誌クラスタ?的には行っておくべき、ということで。 技術書同人誌博覧会 …

読書感想文(技術書典6)

とりあえずここに。 技術書典6で入手した技術同人誌の感想をTwitterでつぶやいたものをこちらに転載します。 展示会でホンモノを見るのは趣味の活動にも刺激になるよね 読了。中・台・韓で行われた機械やロボットの展示会の紹介。写真がフルカラーなので見て…

読書感想文(銭けっと編)

もちろん、技術書典が初出のモノもありますが…。 あくまで私が銭けっとではじめて遭遇したということでこの括りです。 冬コミと技術書典6の本は全然読めていませんねぇ…。 1~ FXで1000万溶かしてからの反撃 読了。タイトルからして強い本だったので思わず。…

R MarkdownでWord文書を作ろうの再販が開始されました。

今更ですが、告知。 Twitterの方では適宜呟いていましたが、BOOTH様にて入庫処理が完了し、取り扱いが開始されました。 niszetkoubou.booth.pm ネコポスでも送れるようにしてるので、うまいことやってみてください…。 あと、他の方のと合わせて複数冊でもあ…

技術書典5にサークル側で出展したのです。

これはniszetの感想文です…。 この記事は技術同人誌 その2 Advent Calendar 2018の2日目の記事です。枠が空いていたので折角なので書いてみます。 adventar.org タイトルの通り、技術書典5で初めてサークルとして参加しました。楽しかったのでざっくり経緯と…

技術書典6に向けて書き始める

いくつか候補がありまして。 技術書典5の反省は、結局ギリギリまでかかってしまったこと、というより割とギリギリまで書き始めなかったことでした。 結果として、取れた時間内ではかなり最上に近い成果が出せた(協力があってこその成果だけど)と思うものの…

各イベントで入手した技術同人誌、同人誌の感想置き場

作らないとなかった…。 技術書典3のときは感想置き場を作らなかったのかも。ここでは技術書典4,5以外のイベントで入手した技術同人誌の感想ツイートを置いておきます。 技術書典3 ドージンハード 読了。1年越しになってしまった。寄稿を募るという面白い形の…