niszetの日記

アナログCMOS系雑用エンジニアが頑張る備忘録系日記

(R) cliパッケージ (メモ)

アドカレ向け。

tidyverseが1.2になった際に色々と更新されました(今は1.2.1)が、その中にcliパッケージがあります。

脱線。

確認してみます。crayonもここで見れますね。

tidyverse::tidyverse_packages()
#  [1] "broom"       "cli"         "crayon"      "dplyr"       "dbplyr"      "forcats"    
#  [7] "ggplot2"     "haven"       "hms"         "httr"        "jsonlite"    "lubridate"  
#  [13] "magrittr"    "modelr"      "purrr"       "readr"       "readxl\n(>=" "reprex"     
#  [19] "rlang"       "rstudioapi"  "rvest"       "stringr"     "tibble"      "tidyr"      
#  [25] "xml2"        "tidyverse"  

…あれ?なんか出力がおかしい(readxlのとこ)

tidyverse::tidyverse_packages
function (include_self = TRUE) 
{
    raw <- utils::packageDescription("tidyverse")$Imports
    imports <- strsplit(raw, ",")[[1]]
    parsed <- gsub("^\\s+|\\s+$", "", imports)
    names <- vapply(strsplit(parsed, " +"), "[[", 1, FUN.VALUE = character(1))
    if (include_self) {
        names <- c(names, "tidyverse")
    }
    names
}

DescriptionのImportsを見ているようですが、たしかにreadxlが直後に改行されているのでこうなるな…

        modelr (>= 0.1.1), purrr (>= 0.2.4), readr (>= 1.1.1), readxl
        (>= 1.0.0), reprex (>= 0.1.1), rlang (>= 0.1.4), rstudioapi (>=

何か言った方が良いのかしらん…(えいごわからんぐ…)

元に戻って

昨日のcrayonもそうですが、コンソール上でデータを見やすくする流れがあるようですね。u_riboさんが詳しそう。

↑のツイートのprecisパッケージの紹介記事はこちら↓ですね。

uribo.hatenablog.com

たしかに見やすい…

コンソール上でもっとvisualizeされる流れが加速すると、探索的なデータの解析にさらに便利になりそうですね(こなみ)

Enjoy!!