niszetの日記

アナログCMOS系雑用エンジニアが頑張る備忘録系日記

(R) crayonパッケージ (メモ) (2018/01/22更新)

Hadleyやr-libのパッケージを見るのは楽しい。

アドカレにとっとけ!って感じですが、必要なら焼き直せばよいのです…(なので、メモレベルしかかかない)

最近、Rの出力に色を付けるのが流行っている気がします。先日のusethisの結果もカラフル(はてなブログの機能では表現できないので、RStudio上で実行して結果を見てください)

で、そんな色付けなどの装飾をするパッケージ、crayonですが、

github.com

のサンプルを実行するだけでも時間を忘れてしまいます。実行例を見るに、cat()で受けてあげれば良いようなので、結構お手軽ですね(受けなければ文字列として得られるし、linuxのterminal上で色を付けているのと同じようなことをしているんだな、ということがわかります。

CRAN版の逆依存パッケージを見ると、tidyverseが含まれていますので、最新のtidyverseを入れている人は既に入っていて使えるはずです。

CRAN - Package crayon

pillarというパッケージもcrayonを使っていて、

github.com

pillar is not designed for end-users but will eventually be incorporated in packages like tibble.

ということで、tibbleなどに入っていくような気配。実行例を見るとNAが強調されてますね。コレいいかも

(2018/01/22追記)

pillar 1.1.0の更新で上記のNAの表示については

NA values are now shown in plain red, without changing the background color (#70).

となり、背景色なしの赤字となりました。

その他、細々と更新・オプションの追加があります。詳細は下記を参照してください。

NEWS

出来て間もないパッケージなので今後も表示に関する挙動は変わると思います。

追記ココまで


以上、メモでした。

Enjoy!!