niszetの日記

アナログCMOS系雑用エンジニアが頑張る備忘録系日記

(技術書典5)niszet工房の宣伝のページ

大体できたな()

イベント概要

というわけで、10月08日、技術書典にサークル名niszet工房として参加します。工房って言っても特に何かモノを作っているわけではないんですが。いずれはね…ということで。 techbookfest.org

なお、イベントの規模が大きくなったので場所は秋葉原ではなく、池袋サンシャインシティ2F 展示ホールD(文化会館ビル2F)となりました。ご注意を。駅からちょっと歩きますね。

内容

今回は、R MarkdownでWord文書を作ろうという、いったいどこに需要があるのかわからない内容です。
多分需要がないからですが、この辺りのまとまった情報がなくて今回調べまくっていました。しかし、PandocにしろWordにしろ、そしてRに関してもとても薄い本ですべてを説明できるような規模ではないなぁ・・・と改めて思いました。
今回は割と辞書的に使えるようにというコンセプトで作り始めたので、あまり初心者向けにはなっていません。まぁ良書がすでに世にありますから…。
ただ、環境を合わせる必要があるので、これをインストールしろあれをインストールしろと書いてあるし、サポートページにサンプルコードは載せて実際に手を動かせるようにはしたいので(そして、フィードバックを得て、情報を集めてよりよくしていきたい)色々とモリモリにしていきたいなぁと思います。興味があれば、サークルチェックしていただければ。部数、何冊にすればよいのかわからないので…。

技術書典5の弊サークルのページはこちら。 techbookfest.org

サポートページを作ってみた。中身はまだない。 github.com

一応、80Pくらい、800円くらいかなぁ?を想定しています。ちゃんと出ればね…。

あとは全体の校正、あとがきとかの細かい点の追加で終わりそう…。あ、表紙がないわ。やらなきゃ。

とりあえず目次はこんな感じです。たぶんもう大きくは変更ないかな、と。

f:id:niszet:20180918002735p:plain

f:id:niszet:20180918003551p:plain

f:id:niszet:20180918003639p:plain

f:id:niszet:20180918002815p:plain

まぁ、ゆるふわ系な内容なので…。ふ~んって感じで読んでもらえれば。あとマサカリください。

9/22

普通に目次変わりました。わっははは。あとは表紙を…まぁ適当でいいか。

Enjoy!