niszetの日記

10年目エンジニアが最近勉強したことを忘れないようにメモをする

トランジスタ技術3月号付録 アナログウェア No.1

トラ技

仕事の内容的に、CQ出版様には1読者として非常にお世話になっている。
そんなCQ出版の代表的な雑誌がトランジスタ技術、通称トラ技、ですが、3月号の付録が非常に自分的には良かったのでメモ。

内容

タイトルが高速通信時代!水晶振動子の選び方と使い方という、XTAL Oscillatorについてでした。
回路設計ってなんでもそうなんだけど、「数値上とれる解の範囲の中で、何を優先するべきなのか?数値上出てこないような効果・副作用はないか?」がある程度経験を積まないとわからないんですよね。前の設計があればそれを参考にするんですが、新規に作成する際や、以前がへっぽい設計の場合などは全部サラから考える必要があります。

この付録、70ページほどの冊子に詰められるだけノウハウを詰めてくれた感じに思えます。疑問に思っていたことがかなり消化できました。
負荷容量の値の選び方、ダンピング抵抗を入れる意味などなど。

冊子…

コレ、単行本化してくれないかなーって思うんですが、内容がかなりマニアックすぎて難しいんでしょうか…
続巻?のNo.2は6月号の付録になるようですね。特集は「ギガビット高速シリアル伝送用コネクタの選び方と使い方」。なんという人を選ぶ内容でしょう…私的には非常にOKなのですが。

トラ技Specialに焼き直していただいても良いのですよ~
って感想送ってみますかね…